ブルーライトが目に与える影響はなに?

トップページ ブルーライトが目に与える影響はなに?

ブルーライトが目に与える影響はなに?

ブルーライトというのは近年急速に普及しているLEDによって爆発的に周辺に増えているといっても過言ではありません。テレビやパソコン、スマートフォン、携帯ゲーム機などなど、実に多くのモノが該当しています。仕事の都合上そうした器機を遠ざけることができないという方も多いでしょう。また、プライベートにおいてもいまやスマートフォンなしには生活できないという方も少なくないのではないでしょうか。

 

こうした背景もあって、一昔前では考えられなかったブルーライトを見続けるという行為が現代では増加しているといっても過言ではありません。ブルーライトを見続けるという行為が目に与える影響についてどうなるのかというのはこれからの問題となってくることでしょう。ブルーライトというのは可視光線のなかでも最も強力なエネルギーを持っていることで知られています。光のエネルギーが強いというのはどういうことなのかというと、光が減衰せずに目の奥にまで届いてしまうということになります。

 

これによって激しいまぶしさを感じてしまったり、ピントのずれやちらつきなどといったことを感じたりすることがあるのです。また、さらにこのブルーライトを見続けてしまうことによって目の疲れや痛みといったことを引きおこすといわれています。他にもドライアイや視力低下などといった目への悪影響があるとされているのです。さらに酷くなってしまうと、頭痛や肩こり、食欲の減退、睡眠障害といった症状などにもつながってしまうことがあるそうです。こういった症状というのは既にでているという方も少なくないのかもしれません。

 

そうした症状の原因としてはやはり多かれ少なかれブルーライトというものが影響しているという風に考えられています。ブルーライトというのは絶対に見てはいけないというものではありません。状況などによっては身体に良い効果もあるので、ブルーライトすなわち悪だというようなことはないのです。最近ではブルーライトをカットしてくれるメガネなども販売されるようになってきました。

 

大々的にテレビなどのメディアで広告を打っていたので、見聞きしたことがあるという人も多くいるでしょう。あまりにブルーライトを見続けてしまうというライフスタイツの方というのはこうしたブルーライトをカットしてくれるものなどをうまく利用して、ブルーライトを見続けるという行為を少しでも避けていくようにするといいでしょう。そうすることで目にも身体にも良い影響があると言えます。ただ繰り返しておきますが、ブルーライトというのはそれ自体が人にとって悪ではありません。ずっと見続けてしまうということが人の身体にとって悪影響を及ぼすかもといわれているのです。