有酸素運動で中性脂肪を減らす

トップページ 有酸素運動で中性脂肪を減らす

有酸素運動で中性脂肪を減らす

内臓脂肪や皮下脂肪も、中性脂肪の一種となっています。ある程度は、この中性脂肪が体内になくてはならないのですが、逆に中性脂肪が多くなりすぎてしまうと肥満になってしまいます。

 

肥満、いわゆるメタボリックシンドローム症候群というのは、放置していると成人病や生活習慣病にかかる発端になりかねません。ですから、中性脂肪が多くならないように普段から意識をして生活をしていかなくてはなりません。

 

最近は、この中性脂肪が基準値よりも高くなってしまっている人が増えてきています。中性脂肪が溜まらないようにしていくためには、まずは生活習慣を規則正しいものにしましょう。

 

生活リズムを整えるようにしたり、運動をする、そして食生活の改善をするようにしましょう。ただし、これらの方法というのは、中性脂肪の予防策としては有効になっているのですが、既に中性脂肪が増えてしまっているのであれば、これだけではこころもとありません。

 

生活習慣と食生活を改善するだけではなく、中性脂肪が燃焼するように運動も取り入れるようにしましょう。運動でも色々なものがあるのですが、有酸素運動がオススメです。有酸素運動は脂肪を燃焼しやすくなっており、中性脂肪を減らしやすい運動方法となっているのです。

 

有酸素運動をして中性脂肪を取り除きたいのであれば、最低でも15分は運動をするようにしましょう。有酸素運動を15分を過ぎたころから、脂肪が燃焼していきます。ですから、なるべく30分くらいは、ウォーキングやジョギング、サイクリングなどを行うようにしましょう。