わきがのセルフチェックポイント

トップページ わきがのセルフチェックポイント

わきがのセルフチェックポイント

日本人は、世界的に見ても清潔志向が強いために、ニオイに敏感です。その代表的な存在がわきがではないでしょうか。よく汗をかくから、わきがと思っている人もいますが、わきがと汗クサイのとでは、全く別物です。

 

まず汗は、体の表面にたくさん存在する汗腺から出てきます。汗腺にはエクリン腺とアポクリン腺があって、エクリン腺は全身に無数にあります。そこからの汗の成分は99%以上が水分、そして塩分です。サラッとしていてほとんどニオイません。

 

その一方でアポクリン腺はわきの下やへそ、陰部、乳首、肛門周辺など体の一部にだけあります。そしてこのアポクリン腺から出る汗は、糖質や脂質、アンモニアなどの成分を含み、少し粘り気があるのが特徴になっています。

 

この汗は栄養分が豊富なので、皮膚にある常在菌が繁殖しやすく、その時の発酵臭がわきがになります。ですから、単にわきから汗をかいているだけでは、わきがだとはいえません。わきが体質であるかどうかは次のようなチェックポイントでわかります。

 

●耳垢が湿っている:アポクリン腺の働きが活発な人は、ネバネバしたキャラメル状の耳垢が出ます。
●わき毛が多く、太い:わき毛が多ければ、毛根も多いため、アポクリン腺の数も多い傾向があります。
●衣類などのわきの部分が黄ばむ:アポクリン腺から出る汗は、黄色や茶色味がかっているので、白い下着をくり返し着ていると、汗染みで黄ばむことがあります。
●肉親にわきが体質の人がいる:約3割くらいの人が、遺伝でわきが体質になります。
●脇の下に多く汗をかく:アポクリン腺の数が多く、活発であれば汗の量も多くなります。粘り気のある場合もわきがの疑いがあります。