遺品整理の品物

トップページ 遺品整理の品物

遺品整理の品物

遺品整理をするときの品物は、故人が遺した全ての物を指します。遺族にとってすら、好ましいものとそうでないものがあるかもしれません。

 

特に故人に強い思い入れがない遺族の場合、身に付けていた衣類などを遺されても困ると思われるようなケースもあるのです。具体的にはどのような遺品が出るものか、紹介してみましょう。

 

家財道具
物をしまっておくようなタンスや引き出しなどの家具、テーブルや椅子などはもちろん、遺品に含まれます。生活雑貨一切も家財道具に含まれ、キッチンにある使いかけの洗剤、使用していた食器や箸などに至るまで、遺品とされます。

 

このような遺品は、簡単に捨てるのもためらわれますが、他人に買取をしてもらうのも不可能です。しかし、遺族にとっては、他人よりも整理しづらい品物の類であることは間違いありません。

 

家具や電化製品の中には、古物商に引き取ってもらえるものもあるかもしれません。遺品整理業者の中にも古物商の許可を得ているところがありますから、相談してみれば買取あるいは引き取りをしてもらえる可能性があります。

 

重要なデータ
預貯金通帳や株券などはもちろん、日記や手紙、手帳、メモなどは、後々必要になる場合があるかもしれません。何らかの金銭価値がある遺品のヒントになるものが遺されていたり、遺族も知らなかったような事実が残されていることがあるからです。

 

このような遺品は、当面の間は遺族が保管しておくのが妥当です。期間としては、1年から数年を見ておくとよいでしょう。こうした遺品が重要であるかどうかをしっかり判断して教えてくれる遺品整理業者は、良心的な仕事をしています。逆に、重要なデータだと気づいてわざと隠してしまう悪質な業者もいるので注意しましょう。