タウリンが補給可能な食べ物はなに?

どんな食べ物にタウリンが含まれているの?

タウリンというのは、肝臓の補助をする成分となっており、健康を保つために役立ちます。人間というのは、体の中にタウリンを保有しているのですが、保有量は限られています。ですから、外部からタウリンを摂取していく必要があり、タウリンが含まれている食べ物を積極的に食べていくようにしたほうがいいでしょう。

 

牡蠣イラスト

では、このタウリンというのは、どのような食べ物に含まれているのでしょうか?

 

まず最もタウリンが含まれているのは牡蠣となっています。牡蠣を100グラム食べると、大体1130rものタウリンを摂取することができます。

 

タウリンというのは一日の目安量として500rとなっています。ですから、毎日牡蠣を1つずつ食べるだけでもタウリンを摂取することが可能となっています。ですが、牡蠣というのは年中食べるのはとても難しいですよね。タウリンは継続して摂取するようなくてはなりません。継続してタウリンを摂取することによって、少しずつ変化が現れてくるものなのです。

 

牡蠣というのは値段も結構高いですし、旬の時期ではない時には手に入れるのも大変です。タウリンが含まれている量を考えると、牡蠣はとても良い食べ物なのですが、牡蠣だけでタウリンを摂取するということは現実的に考えてかなり難しいのではないでしょうか?ですから、タウリンが含まれている他の食べ物も上手に食べるようにしましょう。もしくはタウリンサプリの利用が効率的です。参考までに⇒タウリンサプリランキング

 

タコやイカのような軟体動物も結構タウリンが含まれています。イカの場合は100グラムに付き770r、タコの場合は100グラムに付き830rのタウリンが含まれています。

 

これらの食べ物は年中買うことが可能になっていますし、値段も牡蠣と比べるとかなりリーズナブルですよね。これ以外にも、スルメやエビ、赤身の魚などにもタウリンが含まれていますから、これらの食べ物を普段から食べるようにしましょう。

女性特有の糖尿病とは?

性別によって、発症しやすい病気もあります。ですが、基本的に糖尿病というのは、発症するリスクで言えば性別差があるわけではありません。

 

ただし、女性の場合は、女性特有の妊娠糖尿病という種類の糖尿病を発症してしまうこともあります。妊娠をしたことによって糖尿病になってしまうというものなのですが、どのような原因で発症するのでしょうか?

 

妊娠をすると、急激にホルモンバランスが崩れてしまいます。妊娠をすることで胎盤から酵素が分泌されるのですが、この酵素が膵臓から分泌されているインスリンを壊してしまうのです。

 

インスリンというのは、血糖値を低下させる作用があります。このインスリンが作用しすぎてしまうと血糖値が下がりすぎてしまって、胎児にも悪影響が出てしまいます。そのため、胎児を低血糖にしないようにするために、体が反応してしまっているのです。

 

ですが、その結果、母体の血糖値が下がらなくなってしまい、妊娠糖尿病を発症する原因になってしまうのです。ですので、妊娠末期になったら、食事バランスなどを考えるようにして、血糖値があがらないようにしつつ、胎児に悪影響が出ないようにしていくことが大切なのです。また、サプリ上手く利用し血糖コントロールすることも大切です。参考:血糖値の下げ方

 

さらに女性は更年期を迎えると、糖尿病の発症リスクが高くなってしまいます。更年期になると女性ホルモンが極端に分泌されなくなっていき、代謝されにくくなっていきます。これによって、脂肪がつきやすく、肥満になりやすくなってしまうのです。

 

そして、肥満になることによって、糖尿病を発症しやすくしてしまうのです。肥満体型になってしまうと、糖尿病を発症しやすくなるということはご存知の方も多いと思いますが、更年期になると特に脂肪が燃焼されにくくなってしまいます。

 

そのため、インスリンが作用されにくくなってしまい、血糖値が高くなりやすくなります。その血糖値を下げようと、大量のインスリンが分泌されていくのですが、だんだんインスリンを分泌している膵臓が疲れていき、インスリンが分泌されなくなっていきます。そして、最終的に糖尿病になってしまうのです。

更新履歴